産前・産後 骨盤矯正

産後の骨盤矯正!いつから行っていいの?おすすめの期間は?

2020年1月30日

よくお問い合わせを頂く、産後のケア。

私も妻の妊娠中や産後は骨盤矯正をして妻の身体のケアをしていました。

これまでの施術経験や実際に産後の矯正をしてきた私が、簡単に身体の仕組みと共に

「産後の骨盤矯正」を受ける「おすすめの期間」について書いて行きたいと思います。

骨盤とは?

 

骨盤とは仙骨(せんこつ)、寛骨(かんこつ)、尾骨(びこつ)すべてを合わせて骨盤と呼んでいます。

※寛骨は腸骨(ちょうこつ)、恥骨(ちこつ)、坐骨(ざこつ)でなる骨。

 

骨盤の関節は仙骨と腸骨の「仙腸関節」のみであとは、仙骨と腰椎の「腰仙関節」(ようせんかんせつ)や寛骨と大腿骨の関節である「股関節」があります。

身体の中でも大きい筋肉が付着しており、上半身や下半身を繋ぐだけでなく、上半身と下半身を安定させる重要な要の役目をしています。

 

よく骨盤が開いていると聞いたりするけど、実際に開くのか?

骨盤はもともと不動関節と言われるくらい動かない関節なのですが、多少の可動域をもっており、正常時で数mm程度、出産時の最大負荷がかかる時で30mm~40mm程度の可動性があると言われています。

正直これだけ可動性が上がることに驚きです!

とは言っても赤ちゃんが通り抜ける時に瞬間的にそこまで開くのであって、ずっと開いているわけではありませんが。

なのでもし仮に骨盤が開くとしたら出産時以外には考えにくく。

動くとすれば「仙腸関節」の離開が起こったり、可動性の亢進がみられたりしてするくらいではないでしょうか、このような場合は痛みが出ている事も多々あるので腰痛として訴えられることが多いと思います。

でもなぜこれだけ、可動性が上がるのか?不思議ですよね!

次は、これだけ急に関節の可動性が上がる理由と「矯正の必要性」また「おすすめの期間」について書いていきます。

 

産後の骨盤矯正がなぜ必要なのか?

なぜ出産後に骨盤矯正が必要なのかと、そんなの歪むからに決まってるでしょ!と思った方もおられると思います。

歪むのはわかるけど、じゃあなぜ歪むのか?を考えていきましょう。

女性は妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

このホルモンは妊娠6週目から出産までの間に分泌され、出産しやすいように全身の靭帯を柔軟にする作用があります。

「リラキシン」が分泌されることで骨盤の結合が緩み、出産をスムーズに行えるようにしてくれるのです。

このホルモンは出産したあと徐々に分泌されなくなってくるのでそれに伴い、全身の靭帯も硬くなってきます。

ここでケアを怠ると、「腰痛」や「肩こり」がひどくなったり、改善しにくくなったりするのでこのタイミングでのケアが重要です。

なので早めに施術を受けられることをおすすめします。

 

産後の骨盤矯正を受けるおすすめの時期は。

 

早めに施術を受けることをおすすめしますと言われても、実際どれくらいの期間で行けばいいのか?疑問ですよね。

おすすめする時期は「可能な限り早め!!」です。

出産したあとは可能な限り早めに施術を受けることで、以降に起こる可能性のある様々な問題を回避することにもつながります。

そのため普通分娩で動けるようであれば出来るだけ早めに矯正を受けられることをおすすめします

また帝王切開の場合も傷がふさがり、痛くなければ早めに矯正を受けに行きましょう。

なぜこれだけ早く「矯正」を受ける事をおすすめしているのかというと、骨盤を緩めるホルモンの効果がある内に施術を受けることで妊娠前からの歪みが取りやすいからです。

この時期を逃すと、関節が硬くなってくるので、おすすめの期間は産後1~2週間以内!1週間は無理という方でも1カ月~2か月以内には行ったほうがいいでしょう。

「産後の骨盤矯正」は正常分娩であればカイロプラクティックの本場アメリカでは最低でも「産後2週間以内に施術しますもちろん日本の産婦人科や多くの施術院では1カ月は安静と指導するところが多いので、なかなか難しいのかもしれませんが。

もし産後、できるだけ身体を早く戻したければ「妊娠前」からカイロプラクティックを受けていると戻りが早いのでおすすめです。

妊娠中~産後は元々あった「腰痛」「肩こり」の症状がひどくなる方や症状が出てくる方が多いので、しっかりケアをしておかないと症状が慢性化したりして一生悩まされることもあるので後悔しないためにも「産後の骨盤矯正」を受けてしっかりケアしておきましょう。

知って損はない!産後ダイエットと妊娠中に気を付けるべきこと!

妊娠中に増えた体重が元に戻らない、、、なんて悩みを抱えていませんか? 増えた体重を減らそうと無理なダイエットをしてしまったりすると、ますます痩せにくい身体になってしまうかも! そこで今回は「産後ダイエ ...

続きを見る

産後の骨盤矯正!通院ペースについて

産後の骨盤矯正を受けても最初のうちは歪み戻りやすいため、最初の1か月は週に1回~2回程度の通院ペースで通い、そこから歪みや症状が戻りにくくなってきたら2~3か月目は歪みが戻りにくいペースで、少しづつ2週間~3週間と徐々に間隔を空けて通われるといいと思います。

ただ個人差があるため歪みが戻りやすい方症状が強く出ている場合には短い間隔で通う期間を延ばした方が改善しやすいと思います。

またその後は1カ月に1回程度を目安にメンテナンスされるといいでしょう。

 

※京都カイロプラクティック整体院では産後の骨盤矯正だけでなく妊娠中も安定期に入れば矯正は可能です。

もし何か気になることがあればお気軽にご相談下さいね。

 

京都カイロプラクティック整体院の概要

アクセス 
阪急烏丸駅地下鉄四条駅より徒歩2分、15番出口を出て道(四条通り)挟んで正面に京都大丸、後面にルイ・ヴィトン 大丸京都店があります。右手すぐ1本目の高倉通を右手に曲り(南に)徒歩1分以内で、1階「RESTAURANT hidamarino」が入っているビルの5階です。

住所
〒600-8082
京都府京都市下京区高倉通四条下ル高材木町218 レックスTUBAKIビル5F

受付時間・定休日
受付時間 : 平日10:00~20:00(土日祝19:00)
定休日:毎週火曜日、他の日もセミナー等で営業日時の変更有

電話
075-344-0344 (完全予約制)

京都カイロプラクティック整体院

大きな地図で見る

京都カイロプラクティック整体院へのご予約は

空席確認・予約する

-産前・産後, 骨盤矯正

Copyright© 京都カイロプラクティック整体院 , 2020 All Rights Reserved.