京都カイロプラクティック整体院がお届けする健康コラムのサイトです。

京都カイロプラクティック整体院

 075-344-0344

営業時間

【受付時間】10:00~20:00(土日祝19:00)

【定休日】火曜日、セミナー等で日時変更有

ダイエット 産後

知って損はない!産後ダイエットと妊娠中に気を付けるべきこと!

投稿日:2018年3月23日 更新日:

妊娠中に増えた体重が元に戻らない、、、なんて悩みを抱えていませんか?

増えた体重を減らそうと無理なダイエットをしてしまったりすると、ますます痩せにくい身体になってしまうかも!

そこで今回は「産後ダイエットと妊娠中に気を付けるべきこと!」について。

産後ダイエットの前に「なぜ妊娠中に太るのか、その原因は?」

出産した女性からよく聞く「妊娠中に増えた体重が元に戻らない、、、」なんてよく聞きますよね。

妊娠中は徐々に運動しなくなり、1日中家でゴロゴロしていたり、家の近くにあるコンビニやスーパーなんかでも車で移動したりなんて事も聞いたりします。

運動量は減るのに食事の量は変わらなかったり、むしろより食べるようになることの方が多いのではないでしょうか。

「食欲が止まらない」なんて事もよく聞きます、産婦人科の先生に「それ以上に太ってはダメ」と言われた方もおられるのではないでしょうか?食べすぎには要注意ですよ!!

また妊娠中~産後にかけて生活のパターンが変わることにより運動しなくなり、身体の筋肉が衰えたり、筋肉量が減り脂肪が増えて基礎代謝が低下したりすると当然「カロリー消費」をしにくい太りやすい状態になってしまいます。

 

産後ダイエットの前に知っておこう!妊娠中の体重増加について。

出産前の妊娠10か月ごろになるとお腹も大きくなり、体重が増加してきますが大体どれくらい体重が増えるものなのかって案外知らなかったりしませんか?

そこで妊娠中に増える体重の内訳をご紹介します。

妊娠期の体重増加の内訳

赤ちゃん   約3kg

胎盤・羊水  約1kg

母体必須体重増加 約3~4kg


 

この場合は合計で約7~8kg増えるということです。

もちろんBMIなどによっても個々にどの位まで増加しても大丈夫なのかは違ってくるのであくまで目安です。

多少の増加は問題ないと思いますが例えば15kgとか増えてしまうのは太りすぎと言わざるを得ません。

また太りすぎると赤ちゃんにとっても母体にとってもいいことは何もないので要注意です!!

なので産後ダイエットしなくてもいいように出産前からしっかり身体を管理しておくことが一番です。

 

産後ダイエットの前に知っておこう!妊娠中の体重増加で高まるリスク!?

太りすぎるといろいろなトラブルが起こるリスクが高まります。

産後ダイエットをする前に太りすぎると起こるリスクについて簡単に書きます。

妊娠性高血圧症候群

太りすぎると、妊娠性高血圧症候群のリスクが高まり、放置すると胎盤の機能低下で栄養や酸素を赤ちゃんに送れなくなり、早産や未熟児の原因となり

赤ちゃんだけでなく母体の命にも関わるので非常に危険です。

妊娠糖尿病

血糖値の異常で赤ちゃんまで皮下に脂肪を蓄え、太り気味になり体重4000gを超える巨大児になると帝王切開の可能性が高まります。

また身体が大きいのに身体が弱かったり、内臓機能が未熟なこともあります。

上記の2つは特に重要ですが他にもありますので一部紹介します。

 

□「腰痛」「膝痛」「股関節痛」などが起こりやすく、産後も痛みが続き、慢性化してくる。

□母体の影響で赤ちゃんが大きくなりすぎたり、産道に脂肪がついたりすることで難産や分娩遷延(ぶんべんせんえん)のリスクが高まります。

また遷延すると出血量も多くなったりするので産後に影響が出たりします。

※分娩遷延とは、初産婦で30時間以上、経産婦で15時間以上かかっても生まれない事。

妊娠中から身体の管理をしっかりすることで、産後ダイエットなんて気にしなくてもいいようにするのが一番です。

 

産後ダイエットの注意点

さっきも書いたように、過度に太りすぎなければ産後ダイエットもしなくていいわけですが、どうしても太ってしまった!という方もいらっしゃると思います。

そこでよくダイエットを失敗する人に多い注意点を書いてみます。

人間は生きているだけで代謝を行っていますがこれを基礎代謝といい、よく体組成計などで表示してくれるやつです。

太る原因に基礎代謝など一日で活動して消費するカロリー以上に食べ過ぎてしまうと太ってしまいます。

一日の摂取カロリー>一日で消費するカロリー = 太る

単純に考えるとこんな感じになります。

じゃあ食事制限をして摂取カロリーを下げればいいじゃん!確かにその通りなんですが、下手にこれを行ってしまうと今以上に代謝が下がり痩せにくい身体になってしまう可能性が高まります。

それはなぜかと言うと摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ると脂肪と共に筋肉も減ってくるため基礎代謝も落ちてきます。

しかも摂取カロリーを下げると人間の身体はそれに合わせてエコになります、消費するカロリーを少なくてもいいようになってくるので途中から痩せなくなってきます、しかも痩せないうえにここで食事制限をやめてしまうと太ります、しかもこの時に元の体重までリバウンドしてしまったとするとこんなことが起こります。

元々の体脂肪率24%だったのがダイエット後にリバウンドして元の体重に戻ってしまうと、体脂肪率が27%まで増えてる・・・!!

なんてことになります、すると前と同じようにダイエットを試みても筋肉量が減っているので痩せにくくなるというわけです。

 

産後ダイエットを始めてみよう!!

産後はダイエットの効果が出るように食事量を減らしたり、偏った食事(置き換えダイエットなど)をしてしまいがちです。

しかしこの時期は赤ちゃんに母乳から栄養を与える大事な時期でもあるのでダイエットは注意しながら行う必要があります。

たとえミルクをあげてるから私は大丈夫という方もいるかもしれませんが、産後はハードな育児が待っているのでそれを乗り切る体力を付けるためにも食事はバランスよくとる事が大事になってきます。

栄養バランスの良い食事はダイエットに必要不可欠です、まずは日々の食事の栄養バランスを見直してみて下さい。

また授乳をしているだけでもカロリー消費は大きいのでそれだけでもダイエット効果はあります!ただし卒乳後も同じように食べているとすべて自分の栄養になってしまうので要注意です!!

※授乳によるカロリー消費は1日で約500kcalと言われています。

また産後は骨盤のゆがみが出ていることも非常に多いので早めに骨盤矯正をしてもらい身体がしっかりと使えるような状態にしてもらうことも大切です。

産後の骨盤矯正!いつから行っていいの?おすすめの期間は?

よくお問い合わせを頂く、産後のケア。 それを今回は簡単に身体の仕組みと共に「産後の骨盤矯正」を受ける「おすすめの期間」について書いて行きたいと思います。 目次1 骨盤とは?1.1 よく骨盤が開いている ...

続きを見る

関節のゆがみがあると「筋力低下」「関節の可動域が低下」し、身体の動きに制限が出るため動きが小さくなったりしてしまいます、そうすると少しの事ではありますが筋肉をしっかり使わなくなるので、少しではあると思いますが消費カロリーも下がってしまいます。日々の積み重ねでその小さな消費カロリーが大きな差となってあとあと出てくるかもしれません、また骨盤矯正を受けることで、その他の身体の不調の改善と予防にもなるので一度施術を受けられることをおすすめします。

今回は「産後ダイエットと妊娠中の注意点!!」でした、ご愛読ありがとうございました。

 

京都カイロプラクティック整体院での症状改善

しっかりカウンセリング・検査を行い関節の可動性低下・筋力低下・痛み・しびれが出ないかなどをチェックし、その後に全身のゆがみ矯正と筋肉の調整し施術後には再度検査を行い身体の変化をチェックします。

施術後は身体の回復に合わせて生活習慣の指導やエクササイズやストレッチの指導を行い施術の効果が持続するようにし症状が安定してきたら施術の間隔を徐々に延ばしていきながら再発しないようにしていきます。

京都市下京区・中京区・東山区・左京区・右京区・北区・伏見区・山科区・西京区・宇治市・亀岡市・向日市・長岡京市・城陽市・京田辺市・木津川市・大山崎町・久御山町で身体の不調でお悩みなら当院にお気軽にご相談下さい。

京都カイロプラクティック整体院
市営地下鉄・阪急15番出口から徒歩1分、大丸京都店から90m

京都府京都市下京区 高倉通四条下ル高材木町218

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

院長 藤本 卓(ふじもと たかし)

どこに行ってもよくならなかったあなたへ。悩んでないで相談してください。当院はあなたが笑顔になる事が何よりも喜びです♪

おすすめ記事

1

よくお問い合わせを頂く、産後のケア。 それを今回は簡単に身体の仕組みと共に「産後の骨盤矯正」を受ける「おすすめの期間」について書いて行きたいと思います。 目次1 骨盤とは?1.1 よく骨盤が開いている ...

-ダイエット, 産後

Copyright© 京都カイロプラクティック整体院 , 2018 All Rights Reserved.